木工


  人類が生まれ、生きていくうえで 木を用いて道具を作り 生活をしてきたことを想像します。

身体を最大限に工夫し、木を裂き、折り、鋭くした石を用いて 木を削り、発明した金属の素晴らしさに興奮し、砥石で研いだ刃先とその切れ味に感激し…  その度に目を輝かせ高揚した姿の人類が見えます。日々 驚きと感激に 満ちあふれていたことと思います。今、たくさんの道具や 数多くの素材にあふれているこの時代ではありますが、その中において、この木で まだ どんな 生き生きとした道具を作り、形を生みだし 新たにワクワクできるのか、さらには 忘れかけた木の持つ感覚を 呼び戻せるのかが、楽しみであります。