プロフィール



湊 恭 太 Minato  Kyota 


生年月日: 1967年5月10日     

 出身地: 秋田県男鹿市 男鹿温泉(なまはげ,ハタハタのふるさと)

  ・ 男鹿市立 鹿山小学校ラグビー部 (東北大会優勝)  

   ・北浦中学校サッカー部  

   ・秋田市立秋田商業高校 サッカー部  (全国高校サッカー大会 第三位)    

   ・多摩芸術学園(現・多摩美術大学)デザイン科卒   

             →日本グラフィック展 しのばずオブジェフェスティバル、に入賞   

   ・株式会社 西田美研に四年間勤務  (モニュメント、壁画、オブジェ等の制作)            

       →環境造形作家 西田明未氏のもとでデザイン 施工を担当    

    (金属、ガラス、陶、石、等の様々な素材を使う中で特に「木」に興味を持つ) 

    ・都立品川高等技術専門校 木工科

        →(木工技術、知識を学ぶ)

 

・1994年  神奈川県秦野市にて「工房201番」を設立

・1995年  多摩美術大学にてワークショップ

・1996年  多摩美術大学にてワークショップ

・1998年  川崎市高津区溝口  「糀ギャラリー」にて「 第1回個展」   

       →調布市たづくりにてワークショップ開始

・1999年  調布市たづくりにてワークショップ

・2001年  川崎市「糀ギャラリー」にて「第2回個展」

・2003年  東京、代官山「クシュクシュ」にて「木工家3人展」     

                     →神奈川県中郡二宮町に 工房を移転。

・2004年  代官山「クシュクシュ」にて「木工家4人の机展」

・2005年  箱根「彫刻の森美術館」にて作品展示「かながわ職人の森」主催

・2006年  新宿リビングセンターOZONにて作品展示「かながわ職人の森」主催

・2007年〜 京都にて,伝統工芸の修理,修復を学ぶ。

・2008年  近代茶人 松永耳庵 法要茶会(松永記念館にて) 

                  →茶道具「にない茶屋」を使用して頂く。

・2009年  京都,大本山にて使用の大型和ろうそくの木型を製作      

               → 茅ヶ崎市美術館にて86種類の木材を用いてワークショップ

・2010年  箱根の老舗旅館「萬翠楼 福住」様より 

        →120年以上前のコーヒーテーブルの修理と漆塗りの依頼 

・2011年      小田原市南足柄,浄土宗「陽雲寺」にて本堂内紅梁部に

        →蓮の花,天女,十三仏を彫る,

        →来迎柱の彩色部分の修理,修復

・2011年  京都,浄土宗 西蔵寺に納めた古い須弥壇,厨子の朱塗り及び

        →金箔貼りを行う

・2011年   母校,秋田商業高校OB会「東京雄水会」発足40周年に合わせて,

        →欅大横長椅子を制作

・2012年  小田原聖公会教会より十字架の制作の依頼

・2012年9月 砂張風鈴とのコラボにより

       →日本橋三越主催の「逸品会」に出品

・2012年12月 箱根湯本,京都大徳寺派の名刹「早雲寺」本堂内桟唐戸の組子の修理,修復

・2014年5月 渋谷、料亭「三長」にてグループ展に参加

       →(フェルト・染色・陶芸)作家とともに

 

*1996年より 東京都調布市文化会館「たづくり」にて木工教室の 講師として活動。現在に至る           

 

 ⚫︎メディアによる掲載等    

・「手作り木工辞典、37号・38号」     

・  東急ケーブルテレビにて作品の紹介   

・「ウッディライフ、81号・97号」     

・「BRUTUS」特別編集版。      

・「ウッディライフ選書」   

・  インターネット新聞「週間芸術新聞」

・  2008年 テレビ番組「あっぱれ神奈川大行進」の取材にて

         タレント・俳優のデビット伊東さん来訪

・  2012年 インターネット新聞「週間芸術新聞」

   神奈川県中井町の私設博物館「江戸民具街道」にて行われた

   日本照明学会で(灯りにまつわる木について)語る模様の取材