工房201番は、特別注文家具 調度品の工房です



私は木工を通し、日々変わらず、

繰り返し感じることがあります。

 

それは天然の肌に触れ、

安らぎや活力を覚えることです。

  そのような力を生まれ持った木で、

使われる方々の日々の生活を温かく

                見守り、使うほどに楽しく暮らせる・・・ 

 

                   そんな木の道具をつくっていきたい、と願っています。                  

 

                                        工房201番   湊 恭太